エコマイスター 断熱材、断熱システムの専門家集団
「エコマイスター」が快適ECOを提案します。
会社概要 営業拠点 FAQ お問い合わせ
Q&A
トップページ
地下湧水処理断熱システム
軽量嵩上げ・軽量盛土工法
鉄骨造用断熱内装下地
発泡プラスチック防振材
スラブ用型枠兼用断熱材
デッキ用断熱材
断熱パネル(S1工法)
高断熱耐火パネル
断熱防火構造システム
不燃断熱材
断熱補強
金属断熱サンドイッチパネル
発泡断熱システム
床下地材
スタイロ畳
リバーシブル畳
断熱障子シート
HOME>FAQ
FAQ
Q1.高島はどのような会社なのですか?
Q2.断熱材にはどのような種類があるのですか?
Q3.高島ではどのような断熱材を扱っているのですか?
Q4.高島ではどのような断熱システムを扱っているのですか?
Q5.高島では断熱工事も行うのですか?
Q6.高島で対応可能な地域は?
Q7.断熱複合パネルは扱っていますか?
Q8.外断熱工法について教えてください
Q9.耐火認定品の断熱材はありますか?
Q10.不燃認定品の断熱材はありますか?
Q11.断熱材にフロンガスは使用されていますか?
Q12.断熱材の厚みはどのように決めたらよいでしょうか?
Q1.高島はどのような会社なのですか?
高島は、「地球環境・経済・社会の持続的発展」というサステナビリティの考え方を事業コンセプトとしています。具体的には、環境(エコ)、安全・安心、快適、省力のテーマに基づき、建築分野においては環境負荷の少ない「断熱システム」「太陽光発電システム」や、安全・安心で快適な生活環境を創り出す建築システムなどのご提案を行っています。

このページのトップに戻る
Q2.断熱材にはどのような種類があるのですか?
発泡系の断熱材では押出法ポリスチレンフォーム、高性能フェノールフォーム、硬質ウレタンフォーム等があります。繊維系の断熱材ではグラスウール、ロックウールが一般的です。

このページのトップに戻る
Q3.高島ではどのような断熱材を扱っているのですか?
押出法ポリスチレンフォーム(スタイロフォーム)、高性能フェノールフォーム(ネオマフォーム)関連製品、硬質ウレタンフォーム、グラスウール等幅広く取り扱いをしております。また、各種面材との複合パネルも製造しております。

このページのトップに戻る
Q4.高島ではどのような断熱システムを扱っているのですか?
RC外断熱システム、地下湧水処理断熱システム、嵩上げシステム、S1工法等をご提案しております。

このページのトップに戻る
Q5.高島では断熱工事も行うのですか?
弊社では材料販売はもちろん、施工も行っております。

このページのトップに戻る
Q6.高島で対応可能な地域は?
弊社の営業ネットワークで全国対応いたします。

このページのトップに戻る
Q7.断熱複合パネルは扱っていますか?
押出法ポリスチレンフォーム、高性能フェノールフォームを芯材とした各種のパネルを製造しております。

このページのトップに戻る
Q8.外断熱工法について教えてください。
RC造の建物に有効な工法です。断熱材で包まれたコンクリート躯体は蓄熱体となるため、少ない冷暖房エネルギーで快適な室内環境を作り出すことができます。 木造住宅の場合には一般的に「外張断熱工法」と呼ばれています。詳しくは弊社までお問い合わせください。
このページのトップに戻る
Q9.耐火認定品の断熱材はありますか?
弊社では、ネオマフォームと木毛セメント板を一体化させ耐火認定を受けたネオマITパネルを取り扱っております。

このページのトップに戻る
Q10.不燃認定品の断熱材はありますか?
弊社で取り扱っているネオマフォームUFネオマフォームFは不燃認定品の断熱材です。RC打ち込みにはネオマフォームUF、鉄骨造等の断熱にはネオマフォームFをお勧めいたします。

このページのトップに戻る
Q11.断熱材にフロンガスは使用されていますか?
以前は発泡系断熱材に使用される発泡剤はフロンガスが使用されていましたが、近年は規制が進みほとんど使用されておりません。2006年11月20日、JIS A 9511「発泡プラスチック保温材」が改正され、発泡剤の種類によってA種及びB種に区分されました。フロン類を用いないものを「A種」、用いたものを「B種」となります。弊社で取り扱いしているスタイロフォーム、ネオマフォームはフロンを使用していないA種断熱材です。

このページのトップに戻る
Q12.断熱材の厚みはどのように決めたらよいでしょうか?
しっかりした断熱効果を期待するならば次世代省エネルギー基準を1つの目安にすることをお勧めいたします。厚みは各断熱材の性能値により異なりますので、弊社までご相談ください。

このページのトップに戻る
 HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | FAQ | お問い合わせ | フリーダイヤル:0120-106-216