エコマイスター ライトフィルブロックで経済的な
軽量盛土工法をご提案するエコマイスター
会社概要 営業拠点 FAQ お問い合わせ
軽量嵩上げ
トップページ
地下湧水処理断熱システム
ドレイナーパネル
ドレイナーパネルT-3工法
ドースイライナー
スタイロガルバ
軽量嵩上げ・軽量盛土工法
スタイロライナー
ライトフィルブロック
鉄骨造用断熱内装下地
フレームワーク
発泡プラスチック防振材
ミラブロック
スラブ用型枠兼用断熱材
ピットワーク
フラットデッキ用断熱材
スタイロタック
断熱パネル(S1工法)
スタイロパネル
ネオパネル
高断熱耐火パネル
ネオマITパネル
ネオマ耐火スパンウォール
断熱防火構造システム
ネオマ防火ボード
不燃断熱材
ネオマフォームUF
ネオマフォームF
断熱補強
ネオマフォームDH
金属断熱サンドイッチパネル
スタイロウォール
現場発泡断熱システム
ゼロフロンER
床下地材
ネダフォーム
スタイロ畳
かるい匠(かるぞう)
リバーシブル畳
リバーシアン
断熱障子シート
サーモバリア
HOME>軽量嵩上げ・軽量盛土工法>ライトフィルブロック
軽量盛土工法
ライトフィルブロック
ライトフィルブロック
 特長 サイズ・物性適用分野施工写真
EPS工法は、発泡スチロールを軟弱地盤上の盛土や擁壁裏込めに用いることで、構造物の超軽量化や土圧軽減を可能にした画期的な土木工法です。
発泡スチロールの重量は土砂の約1/100で、耐圧、耐水性に優れた材料です。

スタイロライナー特長
EPS工法の特長は、EPS(発泡ポリスチレン)の材料特性を有効に利用していることにあります。中でも最大の特長は、その超軽量性にあり、単位体積重量は0.12〜0.45kN/m³と土砂の約1/100と驚異的な軽さを示します。また従来利用されている軽量材料に比べても1/10〜1/40と、きわめて軽量です。
1.圧縮強度
圧縮強度は、20〜350kN/m²を示し盛土としての必要強度を十分に満たしています。

2.吸水性
独立気泡のため表面に微少量の水が浸透するだけで、それ以降はほとんど吸水しません。

3.耐水性
ライトフィルブロックの吸水性は、サンプル形状や水圧によって異なります。水深1mで6vol.%程度です。

4.耐熱性
80℃以下では通常の使用に問題ありません。

5.燃焼性
ライトフィルブロックは燃焼遅延剤を添加して微少火源では着火しにくくしてありますが、 燃える性質があります。現場施工、保管時には十分火気に注意してください。着火しても火源を取り除けば自然消化します。

6.耐薬品性
一般的に酸・アルカリ・塩酸などに優れた抵抗性を持ちますが、ガソリンや灯油などに溶解しやすいという性質があるため、コンクリートやシートなどで表面を被覆する必要があります。

7.耐久性
ライトフィルブロックは紫外線、溶剤、火気などに対しては侵されますが通常の土中においては長期にわたり変質しません。

8.ポアソン比
ライトフィルブロックのポアソン比は0.05〜0.15です。コンクリートブロックのように自立します。

9.摩擦係数
ライトフィルブロックの摩擦係数は、EPS同士、EPSと砂、EPSとモルタルで0.5以上です。

10.断熱性
微細な独立気泡からなる構造体のため熱を通しにくい特性を持っています。

このページのトップに戻る
ライトフィルブロック サイズ・物性
■製品形状
■製品物性
項目 試験法 単位系 単位 製造法
押出発泡法
DX-45 DX-35 DX-29 DX-24H DX-24
単位
体積
重量
JIS K 7222 SI
MKS
kN/m³
(kgf/m³)
0.45
(45±3.0)
0.35
(35±3.0)
0.29
(29±2.0)
0.24
(24±2.0)
0.24
(24±2.0)
許容
圧縮
応力
SI
MKS
kN/m²
(tf/m²)
350以上
(35.0)
200以上
(20.0)
140以上
(14.0)
100以上
(10.0)
60以上
(6.0)
品質
管理
圧縮
応力
JIS K 7220 SI
MKS
kN/m²
(tf/m²)
700以上
(70.0)
400以上
(40.0)
280以上
(28.0)
200以上
(20.0)
120以上
(12.0)
耐熱
温度
DOW法 SI
MKS

80
80
80
80
80
80
80
80
80
80
燃焼性 JIS A 9511 合格 合格 合格 合格 合格
ブロック
寸法
長さ×幅×厚み(mm) 2000×1000×100〜500(積層品)
項目 試験法 単位系 単位 製造法
型内発泡法
D-25 D-20 D-16 D-12 LV-60
(浮力対策)
単位
体積
重量
JIS K 7222 SI
MKS
kN/m³
(kgf/m³)
0.25
(25±1.5)
0.20
(20±1.5
/1.0)
0.16
(16±1.0)
0.12
(12±1.5
/1.0)
0.20
(20±2.0
/-1.0)
許容
圧縮
応力
SI
MKS
kN/m²
(tf/m²)
70以上
(7.0)
50以上
(5.0)
35以上
(3.5)
20以上
(2.0)
50以上
(5.0)
品質
管理
圧縮
応力
JIS K 7220 SI
MKS
kN/m²
(tf/m²)
140以上
(14.0)
100以上
(10.0)
70以上
(7.0)
40以上
(4.0)
100以上
(10.0)
耐熱
温度
DOW法 SI
MKS

65
65
65
65
65
65
65
65
65
65
燃焼性 JIS A 9511 合格 合格 合格 合格 合格
ブロック
寸法
長さ×幅×厚み(mm) 2000×1000×500
※物性値は、JISあるいはダウ法に基づいて得られた標準値です。また、これらの数値は改良や新しい知見により改訂されることがあります。
[注意事項]輸送、保管、施工にあたっては、直接火気に触れないようにご注意ください。
このページのトップに戻る
ライトフィルブロック 適用分野
盛土
■ 盛土
盛土
■ 拡幅盛土
拡幅盛土
■ 地すべり
地すべり
構造物背面盛土
■ 橋台裏込め
橋台裏込め
■ 自立壁
自立壁
■ 擁壁護岸裏込め
擁壁護岸裏込め
このページのトップに戻る
ライトフィルブロック 施工写真
 人口地盤盛土 擁壁裏込め
人口地盤盛土 プール嵩上げ
公園盛土 公園盛土
このページのトップに戻る
 HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | FAQ | お問い合わせ | フリーダイヤル:0120-106-216