エコマイスター ネオマフォームDHで断熱補強に最適な工法を
ご提案するエコマイスター
会社概要 営業拠点 FAQ お問い合わせ
断熱補強
トップページ
地下湧水処理断熱システム
ドレイナーパネル
ドレイナーパネルT-3工法
ドースイライナー
スタイロガルバ
軽量嵩上げ・軽量盛土工法
スタイロライナー
ライトフィルブロック
鉄骨造用断熱内装下地
フレームワーク
発泡プラスチック防振材
ミラブロック
スラブ用型枠兼用断熱材
ピットワーク
フラットデッキ用断熱材
スタイロタック
断熱パネル(S1工法)
スタイロパネル
ネオパネル
高断熱耐火パネル
ネオマITパネル
ネオマ耐火スパンウォール
断熱防火構造システム
ネオマ防火ボード
不燃断熱材
ネオマフォームUF
ネオマフォームF
断熱補強
ネオマフォームDH
金属断熱サンドイッチパネル
スタイロウォール
現場発泡断熱システム
ゼロフロンER
床下地材
ネダフォーム
スタイロ畳
かるい匠(かるぞう)
リバーシブル畳
リバーシアン
断熱障子シート
サーモバリア
HOME>断熱補強>ネオマフォームDH
断熱補強用高性能フェノールフォーム
ネオマフォームDH
ネオマフォームDH
 特長 サイズ・物性施工写真
主な用途
住宅
事務所
駐車場
工場・倉庫
店舗
学校・病院
ネオマフォームDHは、必要部分へ打ち込むことで段差なく施工でき、 最高レベルの断熱性能・熱伝導率0.020W/m・K(厚さ12mm)・0.021W/m・K(厚さ21mm以上)、増打ちコンクリートの厚さを12mmに抑えます。

 鉄筋コンクリートの外皮に接する壁・床は、熱橋になり易い部分であり、断熱補強が必要です。内断熱されたRC躯体の熱橋部では、冬期に表面温度が低下し、結露を発生させる原因となります。断熱補強を行うことで、RC躯体の表面温度が上がり、結露を効果的に防止できます。

住戸全体の熱損失の約20%程度が、熱橋部から逃げると言われています。断熱補強を行うことで、この熱損失を効果的に低減できます。

ネオマフォームDH特長
■従来の断熱補強 ■ネオマフォームDHによる断熱補強
このページのトップに戻る
ネオマフォームDHサイズ・物性
■製品形状
■製品サイズ
厚み
サイズ(巾×長さ)
ネオマフォームDH
12mm
455mm×1820mm
455mm×2730mm
600mm×1820mm
600mm×2730mm
910mm×1820mm
21mm
910mm×1820mm
25mm
910mm×1820mm
このページのトップに戻る
ネオマフォームDH施工写真
型枠脱型時 モルタル仕上げ終了時
 
このページのトップに戻る
 HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | FAQ | お問い合わせ | フリーダイヤル:0120-106-216